第11回 調整 + 絵心

みなさん、こんにちは。

モモです。

まず、
みなさんに謝りたい!!!

私の歯並びの変化が小さい事を謝りたい!!!

いやー、
ここ2ヶ月くらい見てわかるような変化があまりないので、
私自身以前より感動が少ない感じです。

でも、
これには理由があるので、
今回はそのお話をさせて頂きます。

私が上手に描いたこちらの絵をご覧下さい。

画像

歯にも部位ごとに呼び方があります。

歯肉から上の部分を歯冠(しかん)といい、
歯肉から下の部分を歯根(しこん)といいます。

歯根の周りにある斜線部分は歯槽骨(しそうこつ)です。

歯は歯槽骨によって支えられているんですよ。

みなさん、想像してみて下さい。

5メートルの木の棒があるとします。

みなさんはその棒をすっごい固い土の中に2.5メートル埋めました。

そこに意地悪な地主さんが現れ、
みなさんが一生懸命埋めた棒を1メートルずらさないと引っこ抜いちゃうぞ!!!と言ってきました。

みなさんには固い土をもう1度掘る元気がありません。

落ち込んでいるみなさんの前に、
優しい天使がアドバイスをしてきました。

天使「棒を押して移動させればいいのよ☆」

素直なみなさんは優しい天使のアドバイス通り、
棒を押して移動させる事にしました。

すると、

画像

こうなりますよね。

でも、

画像

こうしたいんです。

どうしたらいいか困っているみなさんに天使がまたアドバイスをしてきました。

天使「レールをつけて引っ張ったらどうかしら☆」

素直なみなさんは優しい天使のアドバイス通り、
新たにレールを付けて引っ張ります。

画像

すると、

画像

こうなります。

この方法でも、
斜めにはなってしまいますが、

画像

隣の木にぶつかっても引っ張り続ければ、

画像

こうなります。

意地悪な地主さんはむし歯になり、
頑張ったみなさんは、
最高の満足感と幸せを手に入れましたとさ☆

めでたしめでたし。

はい、
私の作ったお話はどうでしたか?

みなさんビックリされると思うんですけど、
なんと、
この話はただのおとぎ話ではなくて、
矯正治療の話だったんですよ♪

すごいでしょ?

では今の話を下の例に置きかえて下さい。

棒------------→歯

土に埋まっている部分---→歯根

土より上の部分------→歯冠

固い土----------→歯槽骨

レール----------→矯正装置

木------------→隣の歯

みなさん---------→矯正力

天使-----------→モモ

私は今この状態なんです↓

画像

歯根部分はまだ移動中なんですけど、
歯冠部分の位置的な動きは終えているので、
何の変化もない風に見えてしまう状態なんですよ!!!

なんとなくでも分かりましたか?

私は説明下手なので、
もし分からない事などありましたら、
是非先生に聞いて下さい☆

では、
今の話を頭の中においた状態で、
今月の私の歯の写真をご覧下さい。

09/05/07 前回 第10回 調整後

画像

09/06/04 本日 第11回 調整後

画像

09/05/07 前回 第10回 調整後

画像

09/06/04 本日 第11回 調整後

画像

09/05/07 前回 第10回 調整後

画像

09/06/04 本日 第11回 調整後

画像

歯根は動いてるはず!!!