第16回 調整 + ゴム様、再び

みなさん、こんにちは。

ラーメン屋さんでバイトしてました。

モモです。

私がバイトをしていたラーメン屋さんでもそうだったんですけど、
飲食店で、
たまに割れてるんじゃないかってくらい傷だらけのコップありませんか?

あれ汚く見えますし、
すごい気になります。

食器とかを洗う時に使うよくあるこのスポンジ。

画像

スタッフがこのスポンジを使っているのを見て、
私はビックリしました。

なんと、
ピンク色のフワフワな方を使っていたんですよ!!!

私的には、
ピンフワは持つ為だけに存在するにすぎなくて、
黒いゴワゴワなたわし部分?でしか汚れを落とせないと思っていましたが、
スポンジに対する世界観が変わりましたね。

てかね、
道理でバイト先のコップ傷だらけなはずだよ!!!って話ですよ。

たわし部分しか使ってなかったあげく、
汚れは力尽くで落とす!!!的な固定観念に捕らわれていましたもん。

思い込みってコワイ☆

さあ、
矯正ですが、
今日からゴム再開です。

2009/09/30 第15調整

画像

2009/10/28 第16調整

画像

2009/09/30 第15調整

画像

2009/10/28 第16調整

画像

2009/09/30 第15調整

画像

2009/10/28 第16調整

画像

今回の調整もあまり変化がないので、
久々にQ&Aやります。

質問3「顎間ゴムの使用期間は何ヶ月くらいですか?」

ゴムを開始する時に必ずと言っていいほど、
よく聞かれます。

正直めんどくさいですし、
ゴムが目立つような掛け方をする方は抵抗あると思います。

私もゴム様のお力を知る前は、
こんなの付けたくないよ~と思っていました。

以前もお話しましたが、
ゴムは食事の時と歯磨きの時以外はずっと付けっぱなしで、
時間にすると、
1日約20時間以上です。

たとえば、
Aさん→1日20時間 (目標移動距離…5㎜)
Bさん→1日10時間 (目標移動距離…3㎜)
ゴムを使用したとします。

A・Bどちらが長い期間ゴムを使用したでしょう?

単純に考えると、
BさんはAさんの半分の時間しかゴムを使用していないので、
歯の移動も半分だと思いますよね?

しかし、
そうではありません。

ゴムを掛けていない時、
歯は元の方向に動いていってしまいます。

極端に言うとBさんは、
10時間のゴムの使用で1㎜動いたとしても、
ゴムを使用していない14時間のうちに元の方向に歯が動いてしまって、
ゴムを掛けてた効果があまりない事になります。

という事は、
Aさんの方が早くゴムを終了すると思いますよね?

その可能性はとても高いですが、
Aさんの方が移動距離が大きい分、
しっかり使っていてもBさんより長い期間ゴムを使用して頂くかもしれません。

なので、
どちらが後にゴムを終了するかは、
やってみないと分かりません。

答え3「理想の位置へ移動まで」です。

個人差がありますので、
○ヶ月です!!!と、
お答えするのは難しいです。

顎の骨の硬い軟らかいなどでも期間は大きく変わりますが、
ゴムを頑張って使って頂ければ、
矯正治療も早く終わります。

顎間ゴムを使用するみなさんも、
ゴム様のお力を信じ、
一緒に頑張りましょう。