マウスピース矯正 & 根気 !!

こんにちは(^u^)

マウスピースをつけ始めて、歯がいた~い!(>皿<;)

でも、この痛さは動いている証拠なんです。

痛いといっても、ずっと痛いのではなく、噛むと痛いという感じです。
(><)

この痛さは、個人差もあるのであまり痛く無い、少し痛いと感じる方もいらっしゃると思いますが、

3日から1週間くらいでおさまります。

マウスピース矯正治療はとにかく根気が大切なんです!!

使っていただかないことには、歯は動かないのです!

今回は色々な方向から見た写真をお見せします♪(^○^)

画像

画像

画像

上の歯のマウスピース

画像

下の歯のマウスピース

画像

それでは、

マウスピースを使うにあたって守って頂きたいことをお話いたしますね♪♪♪

① 1日20時間以上使用する!装置の使用時間が短いと歯が計画通りに動きません。。。

 しかも、使用してない時間、歯はそのままの位置に留まっているのではなく、元の方向に戻ってしまっているのです。

なんてこと!!Σ(◎□◎)

②お食事・歯磨きの時は外します。
 歯磨きの時は一緒に装置も歯ブラシで磨いてください。
 
 ☆その時のポイント☆
 
 歯磨き粉を使用しないこと。
   研磨剤が入っていることが多いので、装置が傷ついてしまう恐れがあります。
 
 
 色や、臭いが気になる時。
   お水で溶けるタイプの入れ歯洗浄剤で洗浄して下さい。
 
 洗う時は必ずお水で。
   お湯を使ってしまうと形が変形してしまったりするので気をつけて下さい。

③装置装着時はお水、お茶以外はNG(><)
   砂糖の入った飲み物・コーヒー・紅茶等を食べたり飲んだりしてしまうと、虫歯や着色の原因に。

④マウスピースの矯正の力が加わり、歯が動き出すと痛みがでます。
   個人差がありますが、3日~1週間程度でおさまります。

⑤痛い時は、柔らかい物をお召し上がり下さい。
   おうどん、お豆腐等

⑥前歯で極端に強く噛まないようにしてください。

⑦保管時は、お渡しする専用のケースに必ず保管して下さい。

 

マウスピースって決まり事多くて、大変!と思うかもしれませんが、
とにかく、目立たなくて周りからは気がつかれません。

公開している写真は口を広げる器具を掛けて、フラッシュをたいて写真を撮っているので分かりやすいのですが、普段生活している中で気がつかれたことは、まだ無いです♪♪

普通の矯正のブラケット(金属の装置)とワイヤーよりは、飲食時は外せるので、お食事しやすいと思います。(^~^)

あとは、デンタルフロス(糸ようじ)を使う人は、ワイヤーの装置が入っていると通せないので、その点マウスピースだと、通す事が可能です♪

☆POINT☆

食事と歯磨き以外20時間使える!!
という、根気と意欲があれば、大丈夫!

マウスピースが入っていると余計な間食や、甘いものを飲む事が凄く減り、ダイエットにもいいかも?!(笑)

さぁ!あなたもマウスピース矯正の仲間入りしませんか?(^^)

☆まりっぺでした☆(≧∀≦)