恵比寿エスト矯正歯科 矯正用語辞典

矯正用語辞典

診療時は出来るだけ分かりやすい用語で皆様にお話をお伝えするよう心掛けていますが、矯正歯科治療や一般歯科について分からない用語があった場合には、ご活用頂けたらと思い、用語集を掲載することにしました。
思いついた用語から掲載しておりますが、順次追加していきたいと思いますので、気になる用語がありましたら、メールまたはお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

【あ行】
※下記の用語をクリックすると、その下に用語の意味や解説が表示されます。
アーティキュレーター [ あーてぃきゅれーたー ]
アーティキュレーターとは、咬合器[こうごうき]と呼ばれる、歯の噛み合わせを再現する機械装置のこと。
後戻り [ あともどり ]
矯正により歯並びが治っても、装置を外してそのまま放っておくと、歯は元あった位置に少しずつ戻ろうとします。これが「後戻り」と呼ばれるものです。
「後戻り」を最小にして、矯正治療の効果を長持ちさせるために、装置を外してからも2年くらいはリテーナーを使用して経過を観察します。
圧下 [ あっか ]
歯を顎の骨(歯槽骨)の中に押し込むことです。何らかの原因で、歯槽骨から歯が突出してしまった歯を、歯槽骨に押し込んで下げることをいう。

反対語:挺出
アンキローシス [ あんきろーしす ]
アンキローシスとは、歯科病名の1つで歯根と顎の骨が癒着する状態になる事を言い、特に臼歯に起こりやすく、歯列がこの部分だけへこんでいるように見えます。
お子様がアンキローシスにかかった場合、乳歯が永久歯に生え変わらない場合がありますので、早い段階で対処するようにしましょう。
アンレー [ あんれー ]
虫歯が進んで削る部分が多い場合、歯型を取りその型にもとづいて様々な素材で精密に詰め物を作り、接着する修復処置です。
医療費控除 [ いりょうひこうじょ ]
医療費控除とは、自分自身や家族のために一年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、かかった医療費から10万円(所得が200万円以下の場合、所得の5%)を差し引いた残りの1割が税金から還元される制度です。
※医療費控除は一定の条件を満たしていないと受けられませんので、詳しくは担当の医師や地域の税務署で確認して下さい。
印象 [ いんしょう ]
歯列矯正での「印象」とは、口腔内の歯列全体の型を取ることを言います。
この型を元に、歯の詰め物やかぶせ物などの製作に必要な口の模型を作ります。
インセラム [ いんせらむ ]
金属を使用していないオールセラミックでできているクラウン(被せもの)です。
金属を一切使用しないことで金属の変色により歯と歯茎の境目が黒くなることはありません。
艶や透明感がありとても自然な仕上がりになります。
インビザライン [ いんびざらいん ]
マウスピースタイプの矯正装置です。見えない透明なマウスピースを使い歯を移動させます。
アメリカ・アライン社のコンピューターシュミレーションによって確実に良好な治療結果を導くシステムです。歯に装置を付けないので、審美的・衛生的に優れています。
インフォームドコンセント [ いんふぉーむどこんせんと ]
担当ドクターが患者さんに対して、治療を開始する前にこれから始める治療内容について「なぜこの治療が必要なのか」「どのくらいの期間がかかるのか」「この治療をすることによる効果はどういったものか」「治療にかかる費用」等を、わかりやすく説明をし、その上で患者さんから同意を得ること。
インプラント矯正 [ いんぷらんときょうせい ]
矯正用のインプラントを顎の骨に埋入し、そこを支点にして歯を移動させる。
矯正用のインプラントはチタンでできていて、顎の骨と結合する性質がある。
この性質を利用する事で安定した力で歯を移動させる事ができる。
ワイヤーだけの矯正で2~3年かかる症例が、インプラント矯正では半分くらいまで短縮が可能。
インレー [ いんれー ]
虫歯治療で削った部分を補う詰め物。
削った部分が大きい場合は、インレーではなくクラウンが使用される。
金属製の詰め物の他、レジン(樹脂)やセラミックのインレーがある。
受け口 [ うけぐち ]
下顎が上顎より大きい、又は下の前歯が強く前に傾斜している状態。
また、上顎が下顎の内側に入りみ、前後逆に咬んでる状態を反対咬合と言います。
参照: 受け口(下顎前突)
う触 [ うしょく ]
虫歯のこと。虫歯のできた歯のことを「う歯」と呼びます。
エアーフロー [ えあーふろー ]
PMTCの一つで、水・風(エアー)・重曹パウダーの3つを使用する事により、歯面についた着色・プラーク・バイオフィルムを取り除きます。
クリニックでは、重曹パウダーにレモン味がついているので、重曹の嫌な感じではなく、さっぱりと仕上がります。
永久歯 [ えいきゅうし ]
乳歯が脱落した後に生えてくる歯を永久歯と呼びます。
永久歯は、上下の顎に14本ずつ、合計28本(その他に親不知4本が加わる人もいます)です。
永久歯は6才頃から生え始め、12才~14才頃に親知らずを除く全ての歯が生えそろい、一生使う事になります。一度抜けてしまったら2度と生えてこないので、大切に扱う必要があります。
エステティックライン [ えすててぃっくらいん ]
横顔で鼻の先とアゴの先を結んだ線の事。E-line[イーライン]とも呼ばれる。
一般的にこのE-line上、あるいは若干内側に唇が位置することが理想的な横顔であるとされ、上顎前突(出っ歯)では、E-lineに対して口元が出っ張ります。反対に下顎前突、反対咬合では口元が下がり三日月型の横顔になります。
矯正治療によりエステティックラインをより良くすることも、治療目標のひとつになります。
親不知・親知らず [ おやしらず ]

親不知とは前から数えて8番目の歯で、第三大臼歯のこと。(先天的に存在しない場合もあり)親知らずが生えるスペースは狭い為、正常に生えない場合が多く、歯並びが乱れたり噛み合わせが悪くなる原因になったり、虫歯や歯周病になりやすくなるなどの理由からら、抜歯する場合も多い。抜いてしまった親知らずは、移植して使える事もあります。
早めに歯科医に相談するようにしましょう。