恵比寿エスト矯正歯科 リンガル矯正(舌側矯正・裏側矯正)

リンガル矯正(舌側矯正・裏側矯正)の歯科を選ぶ基準

矯正歯科治療を行っている歯科医院は、全国各地にたくさんあります。
最近では、一般的な歯科医院でも「矯正歯科」に対応しているところばかりですので、あなたがむし歯の治療を行っている歯科医院でも、矯正歯科治療を行っているかもしれません。

それでは、どの医院を選べば、納得のいく矯正治療を受けることができるのでしょうか。
現在、歯科医師の数は 10万人 を超えています。その中で矯正専門医はわずか 2000人 程度なのです。また、日本矯正歯科学会の会員数は 2006年時点で 約6000人、そのうち認定医審査に合格し、充分な学識と経験を認められた 日本矯正歯科学会認定医は 約1200人です。更に 世界舌側矯正歯科学会の認定医となれば ごく少数 になります。

矯正治療は、治療期間も長く、転院もしにくく、費用も安くはありません。矯正治療の中でも高度な技術な必要で費用も高額なリンガル矯正(舌側矯正・裏側矯正)を行うには、専門的な知識を持ち、その分野を専門的に治療している矯正専門医の方が、安心して納得のいく結果を出せるのではないでしょうか。

ページトップへ戻る

リンガル矯正(舌側矯正・裏側矯正)とは

従来のリンガルとSTBリンガル・クリッピーLの比較

リンガル矯正(舌側矯正や裏側矯正とも言います)は、歯の裏側1本1本にブラケットを付け、そのブラケットにワイヤーをつなげてワイヤーを締めていくリンガルブラケットを使用するので、表からは見えない 審美的に優れた矯正治療です。

昔のリンガルブラケットは、大きく、厚く、突起部分が多かった為、話しにくかったり、ブラケットが歯肉や舌にあたって炎症をおこす事もありましたが、最新の小型で薄く突起部分が少ない超小型装置 [STBリンガル]を使用する事により、違和感の軽減、以前の装置の1/10以下の力で効果的に歯を動かすことが可能なため、痛みの軽減、治療期間の短縮など、より患者様の負担を軽減する治療へと進化しています。

また、ブラケットとワイヤー部分を固定していないため摩擦抵抗が少ない [クリッピーL]という最新装置も使用しています。
クリッピーLは、摩擦抵抗を抑えつつ、ワイヤーの働きを最大限引き出すような設計となっておりますので、従来より痛みを軽減しつつ、治療期間が短縮できるというメリットがあります。

ページトップへ戻る
インコグニートとは

審美性(見えない)薄型化(違和感が少ない)を両立

歯の裏側(裏側・舌側)に矯正装置を装着するので、表からは見えず、周囲の人に矯正をしている事が気付かれないリンガル矯正の利点に加え、装置の薄型化により裏側矯正のデメリットであった装置に触れる違和感を軽減した矯正装置です。

インコグニート
ページトップへ戻る
リンガル矯正(舌側矯正・裏側矯正)のメリット

1.表から見えない

歯の裏側(裏側・舌側)に矯正装置を装着するので、表からは見えず、周囲の人に矯正をしている事が気付かれません。この為、芸能人や接客業など、容姿に気を使うお仕事をされている方に人気です。


2.虫歯になりにくい

装置が歯の内側にあり、常に唾液で湿った状態です。唾液はむし歯をつくる細菌の住処となる歯垢が歯の表面にできるのを防ぎ、口の中を中性に保つ働きがある為、通常の矯正装置よりも比較的虫歯になりにくくなります。


3.歯が後ろに下がりやすい

矯正治療では、歯を抜き、そのスペース分前歯を後ろに移動させる方法を取ることがありますが、表側矯正では固定源としている奥歯が逆に引っ張られて前に移動してしまうことがあります。
裏側矯正は、装置が固定源となる奥歯を動きにくくするので、前歯をきちんと後ろに移動させることができ、前歯が引っ込みやすくなります。


4.舌癖の抑制で、矯正後の後戻りのリスクが減少

歯は頬と唇が内側に押す力と、舌が外側に押す力の均衡する位置に並んでいますが、歯が前に出ているいわゆる出っ歯の方の多くは、常に舌で前歯を押している癖がある為、歯が舌の力で除々に前へ動いてしまいます。この舌の癖が治らなければ、矯正後も再び舌で歯を押し出し、後戻りする可能性が高くなりますが、リンガル矯正の場合、この癖も同時に矯正する事が期待できます。

ページトップへ戻る
インコグニートのメリット

1.装着時の違和感を軽減

従来の裏側矯正は、複雑な形状をした裏側矯正の装置の厚みを変化させることで、真っ直ぐなワイヤーを通した際に 綺麗な歯並びになるよう調整をおこないます。
一方インコグニートはCADめCAMシステムによって患者様一人ひとりの形状に合わせた硬質なワイヤーを制作することで装置の薄型化を可能にしています。
これにより違和感の少ない装着感を実現しています。


2.金属アレルギーが少ない

インコグニートは装置の素材に金合金を使用しているため、金属アレルギーによるトラブルも軽減されるようです。


3.矯正治療中の虫歯のリスクを軽減

インコグニートは従来に比べ設置面が広く、歯が空気に触れる面積が少ないため、治療中の虫歯リスクを軽減します。


4.装置が離脱しにくい(外れにくい)

インコグニートは他の裏側矯正に比べ歯と装置の設置面が広くしっかりと固定することができ、装置が突然外れる可能性が軽減されます。

ページトップへ戻る

リンガル矯正(舌側矯正・裏側矯正)治療例

初診
舌側矯正の症例初診 舌側矯正の症例初診 舌側矯正の症例初診
舌側矯正の症例初診 舌側矯正の症例初診 舌側矯正の症例初診
治療中
舌側矯正の症例治療中 舌側矯正の症例治療中 舌側矯正の症例治療中
治療後
舌側矯正の症例治療後 舌側矯正の症例治療後 舌側矯正の症例治療後
舌側矯正の症例治療後 舌側矯正の症例治療後 舌側矯正の症例治療後
■治療方法
小臼歯4本の抜歯後、表から見えない『リンガルブラケット』を上下に装着して矯正しました。症例は昔の装置を使用していますが、現在はさらに小さく、歯の動きもよいミニ装置(STB,クリッピーL)を使用しています。
治療終了後には「気になっていた口元が、とても綺麗になった」と大変喜んで頂きました。
■治療期間:2年
ページトップへ戻る