部分矯正

CASE.1 下顎前歯部リンガル

初診

治療中

治療後

治療方法
患者様が下顎前歯部の叢生(ガタガタ)のみの改善をリンガルで希望されたため、下顎前歯部のみ治療を行っております。

CASE.2 下顎前歯リンガル(&上顎前歯リンガル)

初診

再診

治療後

治療方法
下顎前歯の叢生(ガタガタ)のみの改善をリンガルで希望され、矯正しました。
初めは下顎のみのご希望だったのですが、下顎の叢生(ガタガタ)が改善すると、上顎前歯の僅かなガタガタも気になり出し上顎前歯もリンガルで部分矯正しています。

CASE.3 上顎前歯クロスバイト(リンガル)

初診

再診

治療後

治療方法
患者さんの要望でリンガルの部分矯正で改善しています。前歯のスライシング(形体修正)を併用しています。

CASE.4 上顎片顎のリンガル抜歯ケース

初診

再診

治療後

治療方法
患者さんのご希望で八重歯(犬歯の低位唇側転医)の改善を上顎のみをリンガルで行ったケースです。抜歯ケースのため費用はリーズナブルに抑えられています。部分矯正というよりは片顎治療になります。

CASE.5 ラビアル、CR形体修正ケース

初診

再診

治療後

治療方法
患者さんの希望により治療期間短縮のためラビアル(セラミックにて行いました。)
上顎4前歯を樹脂(コンポジットレジン)にて形体修正しております。

CASE.6 上顎の前歯&側方歯スライシングケース、上顎メタル

初診

再診

治療後

治療方法
下顎の前歯が2本先天欠損(生まれつき歯がない)のため上顎前歯に前突(出っ歯)と叢生(ガタガタ)が見られ、
それを患者さんの希望により、短期で費用を抑えて上顎のみで治療したケースです。
ラビアル(メタルブラケット)です。

CASE.7 臼歯に欠損のあるケース

初診

再診

治療後

治療方法
臼歯(奥歯)に多数の欠損歯(歯がない)が認められるケースです。
先ずはインプラントで奥歯を治してから、矯正治療を行った方がよいとご説明したのですが、患者さんが前歯の審美性(見た目)を気にされており、矯正治療を先に行うことを強く希望されたため、
これも患者さんの希望により上顎のみラビアル(セラミック)にて治療しました。
臼歯の咬合(噛み合わせ)が不安定なため矯正専門医でも治療を躊躇するケースですが、上手く仕上がったと思います。

このケースもスライシングを行っております。