恵比寿エスト矯正歯科 スピード矯正と最新の矯正装置

スピード矯正とは

スピード矯正とは、患者様一人一人の歯の状態・ご希望に合わせ、最新の矯正装置(セルフライゲーティングブラケット)の使用やアンカーインプラントの併用などの様々な技術を駆使して、従来の矯正より短期間で終わる矯正治療のことです。

ページトップへ戻る

セルフライゲーティングブラケットの仕組み

セルフライゲーティングブラケットとは、シャッターやクリップ機能を持つブラケットで、従来のブラケットのようにワイヤーとブラケットをゴムや細いワイヤーで固定しないため、ワイヤーとの間にゆとりが生まれ、摩擦抵抗を少なくなります。

このようにブラケットとワイヤーとの摩擦抵抗が少なくなる事により、弱い力で効果的に歯を移動できるので、矯正治療中の痛みの軽減と、治療期間の短縮ができるのが、最新のブラケットセルフライゲーティングブラケットの特徴です。

【主なセルフライゲーティングブラケットの種類】
デーモンシステム』『クリッピーシステム』『クリアスナップ』など

従来のブラケット

従来のブラケットの拡大模型

ブラケットとワイヤーをゴムや
細いワイヤーで縛り付けるので
摩擦が強い=強い力が必要

従来のブラケットを使用した歯の移動

【調整直後】
ワイヤーに強い摩擦が生じ、その力が歯に強くかかります。(強い痛みの原因)
【移動後】
ある程度歯が動くと隣の歯が干渉して力がかかりにくくなります。(治療が長引く原因)
その為、短期間での調整が必要で、調整直後は再び痛みが強くなってしまいます。

セルフライゲーティングブラケット

セルフライゲーティングブラケットの拡大模型

ブラケット自体にキャップが付いており
ワイヤーを縛り付けないので
摩擦が低い=スムーズに動く


【調整直後】
無理な力をかけず弱い力でワイヤーがスムーズに移動します。(痛みの軽減)
【移動後】
ワイヤーの摩擦が少ないため、隣の歯に干渉される事なく、弱い力を効率的にかけ続ける事ができます。
(治療期間の短縮)

ページトップへ戻る
クリッピーC のメリット

主なセルフライゲーティングブラケットの種類には『デーモンシステム』『クリッピーシステム』『クリアスナップ』などがありますが、その中でも恵比寿エスト矯正歯科でお勧めしているのはクリッピーシステムです。
クリッピーCは、他のセルフライゲーションシステムに比べて、更に以下のようなメリットがあります。


  • デーモンシステムに比べて白い(デーモン3は金属色が強め)
  • デーモンシステムに比べて薄い(デーモン3は分厚い目)
  • ローテーション(ねじれ)の改善が容易(クリアスナップの弱点)
  • 他のセルフライゲーションシステムより清掃性がよい(デーモン3とクリアスナップは樹脂性のためプラークが付着しやすい) 等
ページトップへ戻る

スピード矯正 -唇側矯正症例-

初診 装置装着時 10ヵ月後
ラビアル矯正(唇側矯正・表側矯正)スピード矯正症例初診写真 ラビアル矯正(唇側矯正・表側矯正)スピード矯正症例装置装着時写真 ラビアル矯正(唇側矯正・表側矯正)スピード矯正症例10ヶ月後写真
■治療方法
クリッピーC(セラミックタイプ)を使用しての治療です。顕著であった叢生(ガタガタ)が僅か10ヶ月で改善され、抜歯スペースもほとんど閉鎖されました。

スピード矯正 -舌側矯正症例-

スピード矯正システム(セルフライゲーティングブラケット)は従来は表側の装置しか存在しませんでした。
しかし、2008年に舌側(裏側)用のクリッピーL(リンガル)が開発され、舌側(裏側)においてもスピード矯正が可能となって参りました。クリッピーLは舌側矯正装置の中で最高の移動スピードを実現しております。

初診 装置装着時 3ヵ月後
リンガル矯正(裏側矯正・舌側矯正)スピード矯正症例初診 リンガル矯正(裏側矯正・舌側矯正)スピード矯正症例装置装着時 リンガル矯正(裏側矯正・舌側矯正)スピード矯正症例3ヶ月後
リンガル矯正(裏側矯正・舌側矯正)スピード矯正症例初診 リンガル矯正(裏側矯正・舌側矯正)スピード矯正症例装置装着時 リンガル矯正(裏側矯正・舌側矯正)スピード矯正症例3ヶ月後
リンガル矯正(裏側矯正・舌側矯正)スピード矯正症例初診 リンガル矯正(裏側矯正・舌側矯正)スピード矯正症例装置装着時 リンガル矯正(裏側矯正・舌側矯正)スピード矯正症例3ヶ月後
■治療方法
クリッピーL(リンガル)を使用することにより僅か3ヶ月で歯並びの大幅な改善が認められます。

ページトップへ戻る