日本成人矯正歯科学会セミナー参加

こんにちは、院長の萩田です。

本日は診療を少し早めに切り上げて日本成人矯正歯科学会セミナーに参加して来ました。

テーマは「歯科矯正用アンカースクリューの現状を学ぶ」でした。

今年の日本矯正歯科学会もそうでしたが、2年前に矯正用アンカースクリューが薬事承認されて以来このテーマがいろいろな学会でとても多く取り上げられています。

矯正用アンカースクリューとインプラントアンカーは同じ物を意味します。

他にもTADという言い方もありこれはアメリカなどでよく使われています。

矯正治療にアンカースクリューが導入されて10年以上が経過しましたが、いまや矯正治療とは切っても切り離せないものになったと思います。

装置が登場した頃は正に夢の矯正装置ができたと思われたものですが、今回はその効果と現状での課題についての講演でした。

大変参考になる話を聞けたので、当院の日々の診療にもフィードバックしていこうと思います。

“””