成人矯正学会参加

口呼吸が体に与える悪影響という講演を聞いて、とても面白かったのでご紹介します。

演者の先生はテレビにもよく出ている、あいうべ体操で有名な先生でした!

口呼吸とは

慢性的に吸う、吐くを口でしている状態をいいます。

この状態が続くと歯周病や虫歯になりやすくなったり、歯並びにも悪い影響を与えてしまうこともあります。

また、口の中だけでなく全身の病気、

気管支炎やぜんそく、心の病気につながることもあるそうです。

口呼吸を鼻呼吸に治すことで、自己免疫機能が高まり口も体も健康になるそうです。

どのように治すかというと、、、

‘’あいうべ体操‘’

という簡単なトレーニング法があるそうです。

1•あーと口を大きく開く

2•いーと口を大きく横に開く

3•うーと口を強く前に突き出す

4•ベーと舌を突き出して下に伸ばす

とっても簡単ですね!

皆さんは鼻と口どちらで呼吸していますか?

簡単にできる体操なので試してみてくださいね!