治療例・症例写真

恵比寿エスト矯正歯科の矯正の治療例の一部をご紹介いたします。

上顎前突(出っ歯)

上顎が下顎に比べ過度に大きい、又は上の前歯が強く前に傾斜している状態。下顎前突も同時に起こっている場合、唇が閉じにくくなります。

上顎前突(出っ歯)の症例はこちら

叢生(乱杭歯、八重歯)

歯がデコボコに生えている状態です。歯が大きすぎたり顎が小さすぎて歯と顎の大きさの調和がとれないために起きます

叢生(乱杭歯、八重歯)の症例はこちら

開咬

奥歯で噛んでも、上顎と下顎の前歯が合わず、隙間が開いてしまう咬み合わせのことです。

開咬の症例はこちら

下顎前突(受け口)

下顎が上顎より大きい、又は下の前歯が強く前に傾斜している状態。また、上顎が下顎の内側に入りみ、前後逆に咬んでる状態を反対咬合と言います。

下顎前突(受け口)の症例はこちら

空隙歯列(すきっ歯)

叢生とは逆に顎の大きさより歯が小さすぎて歯と歯の間に隙間ができている状態。

空隙歯列(すきっ歯)の症例はこちら

舌側矯正(見えない装置)

舌側矯正は、表から見えない矯正装置を使用しますので、周りの人に気づかれずに矯正治療をする事が可能です。

舌側矯正(見えない装置)の症例はこちら

小児矯正

小児の歯並びは、特に小学生までの間に適切な治療を受けると、あごの成長をうまくコントロールでき、永久歯を正しい噛み合わせにすることができます。

小児矯正の症例はこちら

インプラント矯正

矯正用のインプラントアンカーを固定源として使用する事により、通常は外科手術が必要な難しい歯の移動なども可能になり、治療期間も短縮します。

インプラント矯正の症例はこちら

外科矯正/歯牙移植

下顎前突(受け口)の治療は、上顎と下顎のズレが大きい場合は手術を併用しての治療が必要になる場合もあります。この他に、ご自信の歯を移植する自家歯牙移植も可能です。

外科矯正/歯牙移植の症例はこちら