マウスピース型装置による矯正

マウスピース型装置による矯正とは

従来のリンガルとSTBリンガル・クリッピーLの比較

マウスピース型装置による矯正とは、コンピューターにより作成されたカスタムメイドのマウスピースを用いた最新式の矯正治療です。一定の1~2週間ごとにマウスピースを交換していき歯を移動させていく治療となります。

マウスピース型カスタムメイド装置を用いた矯正の大きな特徴としては透明で出来ているため周囲の人からは矯正治療をしていることが分からないところにあり、女性や接客のお仕事をされている方にお勧めの治療法です。当院ではマウスピース型カスタムメイド装置を用いた矯正にクリアアライナーインビザラインを採用しております。

マウスピース型装置による矯正の特色

マウスピース型カスタムメイド装置を用いた矯正の特性として次のような項目が挙げられます。

他人からは分からない

通常の矯正装置とは違い透明なマウスピースなので目立たず周囲から気づかれにくい装置です。

取り外しが可能

取り外しが可能の為、食事やブラッシングの時支障をきたしません。通常のブラケットによる矯正では難しかったブラッシングに問題がないため、いつでも口腔内を清潔に保つことができます。

装着時の不快感が少ない

通常のブラケットとちがい会話もしやすく口内炎にかかりやすくなることもありません。

治療中でも他の治療が可能

取り外しが可能なため、虫歯治療やホワイトニングが容易になります。

金属アレルギーの心配がない

金属を使わないため金属アレルギーの方でも安心して治療を行うことができます。

クリアアライナー(マウスピース型装置による矯正)

毎回、お口の型を採り装置を作成します。軽度で短期間な治療にお勧めのマウスピースの装置です。費用も安価になります。

CASE.1 上下の前歯の叢生(乱ぐい歯)

初診

上下の前歯の乱杭(ガタガタ)が気になる

治療中

マウスピース装着中、歯と歯の間を少しずつ削合(スライシング)し排列

治療後

上3装置,下4装置、5ヶ月で保定装置(メンテナンス)へ移行、上の前歯は樹脂により形体修正、マウスピースを利用しホームホワイトニングも行う

治療費用

検査料 ¥30,000
装置料 ¥50,000×7装置
調整料 ¥5,000 ×5ヶ月
¥405,000(税別)

CASE.2 正中離開(前歯のすきっ歯):上顎のみ

初診

CASE2 初診

上の前歯の正中離開(すきっ歯)が気になる

治療中

CASE2 治療中

上顎のみにマウスピース装着中

治療後

CASE2 治療後

2装置、2ヶ月で保定装置(メンテナンス)へ移行

治療費用

検査料 ¥30,000
装置料 ¥50,000×2装置
調整料 ¥5,000×2ヶ月
¥140,000(税別)

CASE.3 上下の前突(出っ歯)

初診

CASE3 初診

CASE3 初診

CASE3 初診

下の前歯の叢生(ガタガタ)と上下の前歯の前突(出っ歯)が気になる

治療中

CASE3 治療中

CASE3 治療中

歯と歯の間を少しずつ削合(スライシング)し排列、画像はコンピューターによる歯の移動シミュレーション

治療後

CASE3 治療後

CASE3 治療後

CASE3 治療後

4装置(×上下)、4ヶ月で保定装置(メンテナンス)へ移行

治療費用

検査料 ¥30,000
装置料 ¥50,000×8装置
調整料 ¥5,000×4ヶ月
¥450,000(税別)

インビザライン(マウスピース型装置による矯正)

インビザライン(マウスピース型装置による矯正)

全世界で120万人以上の患者さんの治療に使用されている透明な”マウスピース”のような矯正装置です。
インビザライン(マウスピース型カスタムメイド装置を用いた矯正)は自身で取り外しが可能なため普段のブラッシングに支障がなく他の矯正装置と比べ歯につきにくいです。

また金属ワイヤーを使用しないので口腔内の違和感がございません。食生活もこれまで通り行えますしブラッシングやフロスにも影響がないので歯周組織の健康をこれまで通り保つことが出来ます。

さまざまなメリットがあるインビザラインですが、ほぼ1日中(20時間以上)アライナーを装着しないと、当初の計画通りの治療ができなくなるので、患者様にきちんと自己管理していただくことが大切です。

国内におけるインビザラインの薬機法の承認について

インビザラインは、患者様一人一人にオールカスタムメイドで作成されるもので、日本における薬機法における医療機器には該当しません。しかし、インビザラインのマウスピースを作成するためのシミュレーションソフト、クリンチェックおよびマウスピースの素材SMART TRACKは薬機法の承認を受けております。

入手経路

当院において個人輸入させていただいております。

国内の承認医薬品の有無について

マウスピース矯正装置は日本における薬機法の承認を受けているものはありませんが、歯科技工所に置いて作成される場合、歯科技工物に該当するものがらあります。

安全性に関する諸外国の情報

これまでに640万症例の実績があります。

CASE.1 叢生(乱ぐい歯)

初診

CASE1 叢生(乱ぐい歯) 初診

CASE1 叢生(乱ぐい歯) 初診

CASE1 叢生(乱ぐい歯) 初診

上下の乱杭(ガタガタ)が気になる

治療中

CASE1 叢生(乱ぐい歯) 治療中

マウスピース装着中、歯と歯の間を少しずつ削合(スライシング)し排列

治療後

CASE1 叢生(乱ぐい歯) 治療後

CASE1 叢生(乱ぐい歯) 治療後

CASE1 叢生(乱ぐい歯) 治療後

マウスピース装着中、歯と歯の間を少しずつ削合(スライシング)し排列

治療費用

検査料 ¥30,000
装置料 ¥800,000
調整料 ¥5,000×13ヶ月
¥895,000(税別)

※上記料金以外に、消費税等が別途かかります。なお、平成26年4月1日以降は8%の消費税等、以後税率改定が生じた場合は改定後の税率となります。